自動車と道路の豆知識

自動車と道路についてのあれこれ

首都高と速度制限


首都高はその正式名称に「高速道路」という名前がつくものの、その分類は「自動車専用道路」です。この為、速度制限のルールが一般的な高速道路とは異なっています。
速度制限の様子は公式HPで確認することが可能です。地図の上で区間別に最高速度が示されていて、時速30km~80kmの間で指定されています。8割は時速50km~60kmの区間です。中には可変速度区間もあり、天候状況等により上限速度を変えるシステムが採用されています。この様に、全体的に細かく速度が設定された道路となっています。
公共用地を活用し、密集した市街地を縫うように設置された歴史を持つため、カーブやトンネルが多い構造です。この為、構造上からも高速道路の様に全線を80kmで走行するという走り方はやりにくい道路となっています。また、交通量も非常に多いため、事故の発生も頻繁に起きます。事故が原因の速度規制も少なくありません。
歩行者や自転車が入り込まず、独特の風景がある、他には無い特徴を持った道路ですが、その名前から一般的な高速道路と考えて走るとルールの違いに戸惑うものです。利用する際は事前に利用方法を調べておき、事故や渋滞を予想して、余裕を持った交通計画を立てた上で走行しましょう。


コメントを受け付けておりません。