自動車と道路の豆知識

自動車と道路についてのあれこれ

休憩施設の豆知識


高速道路に設置された休憩施設には、SA(サービスエリア)とPA(パーキングエリア)の2種類があります。いずれも、高速道路を走行するドライバーや同乗者が疲れを癒したり、一休みしたりする場所として利用されているものです。
両者の区別は、その規模の大小・設備の内容・設置間隔等で行われています。SAは敷地が広く、施設が充実していて、品揃えの良い売店やガソリンスタンドが併設されている為、高速道路利用者の補給拠点としても利用されています。一方、PAは敷地が狭く、施設もトイレと小さな売店を備えた程度の、一休みに利用する場です。
高速道路上に設置できる商業施設は、基本的にこの2つだけです。この為、高速道路といえば「長い道に休憩所が点在する退屈な場所」というイメージが持たれがちでしたが、現在はSAやPAに併設された「ハイウェイオアシス」で、よりリラックスして休憩することができるようになっています。
ハイウェイオアシスは高速道路に隣接した大規模レジャー施設です。SAやPAの駐車場に車を停めておき、広大な敷地内でゆったりと過ごすことができます。一般道に降りる必要がありませんので、高速道路利用料金を2度払いする必要もありません。SAやPAよりも施設が新しく充実していますので、子供から大人まで、楽しく過ごすことができるレジャースポットとしても注目され、観光ガイドでも紹介されるようになってきています。
高速道路を使った旅行計画を立てる際は、こうした施設の利用を検討に入れておくと良いでしょう。SA・PA・ハイウェイオアシスを活用することで、より快適に、ゆったりと、無理をしない安全な旅行をすることが可能です。


コメントを受け付けておりません。