自動車と道路の豆知識

自動車と道路についてのあれこれ

高速道路の豆知識


高速道路を自動車で走る場合、とくに標示が無い区間では時速100㎞という規定があります。
従って通常の道路を走るよりも、速いスピードで目的地へ到達できるといったメリットを得ることが可能です。
そして高速で走る場合の車間距離ですが、100m程度は取る必要があります。
なぜならば時速100キロで走る自動車は、ブレーキをかけてから停止するまでに約100mは走ってしまうからに他なりません。
速いスピードで道路を走るときは、これぐらいの車間距離を取ることが重要であると言えるでしょう。
ちなみに雨の日の高速走行の場合は、すり減ったタイヤで急ブレーキをかけると2倍以上も走ってしまうことが実証されています。
路面が濡れている状態であれば、100m以上の車間距離を取るのが無難であるのは言うまでもありません。
また、走行中に最新の交通情報を得られるのがハイウェイラジオというシステムです。
これは、ケーブルから流れてくるAM放送を、カーラジオで受信することによって聴くことができます。
このシステムを利用すれば、目的地へ向かう途中の交通規制や渋滞、それに自動車事故などの情報をいち早く知ることが可能になります。
もし料金所で支払うお金が足りなかった場合は、必要な手続きを行なった後に現金書留を所定の場所に10日以内に送るといった流れになるでしょう。


コメントを受け付けておりません。